参加することが珍しいキリスト教のお葬式

国内でも珍しいお葬式の宗教の1つはキリスト教です。仕事関係や友人知人として参列することも珍しい宗教ですが、実際に国内でもキリスト教のお葬式は行われています。現在行われているキリスト教でも通夜がありますが、これは日本独自のものです。キリスト教のお葬式でも、カトリックとプロテスタントでは、内容が少し異なっています。通夜の名称でもカトリックでは通夜の祈りと呼びますが、プロテスタントでは前夜式と呼んでいます。キリスト教式の通夜が終了すると、故人を偲んで簡単な会食や茶話会を行います。この会食などを仏教の通夜振る舞いと勘違いする人もいます。キリスト教の通夜に参列した経験がない人に多くみられるものです。しかし、これは通夜振る舞いとは異なるもので、大きな違いとしてお酒を用意しないことを挙げることができます。

キリスト教式のお葬式は、教会で行われるのが一般的ですが、自宅や葬儀会社の式場でも行うことが可能です。カトリックのお葬式では、故人の罪を神に詫びて許しを請い、永遠の命を得られるように祈るものです。言葉の典礼では、聖書の朗読や神父の説教を行います。また、パンや葡萄酒を祭壇に奉納する感謝の典礼等のミサが中心となるお葬式です。プロスタントのお葬式では、神様に感謝をして遺族を慰めるために行われる儀式となっており、故人よりも神に捧げる祈りが中心です。聖書の朗読や賛美歌そして牧師の説教を行うのがプロテスタントのお葬式です。そしてどちらのお葬式であっても献花は必ず行います。

キリスト教のお葬式では、独自のマナーがあります。聖歌や賛美歌を歌うときには積極的に参加しなければいけません。キリスト教信者でなければ歌詞の内容を知らないことが多いですが、祈りや歌詞に印刷された用紙が配られることで、周囲に合わせて歌うことができます。そして、キリスト教式で気をつけなければいけないのは、お悔やみの言葉を言わないことです。キリスト教の考えでは死は永遠の命の始まりになるので、不幸な出来事ではないと考えられています。