神式によるお葬式に参列

友人や知人として参列することになるお葬式ですが、中には神式の場合があります。仏式と比較しても少ないものですが、稀に神式で行うお葬式に参列することもあります。神式のお葬式では、仏式の通夜に該当する通夜祭が行われます。神道の考え方では、死は汚れとしているため通夜祭を開催する場所は、神社ではなく自宅や葬儀会社の施設で行われます。そのため、告別式と異なる場所で行うことが珍しくないのが神式のお葬式になります。 

通夜祭では、神社の参拝と同じように手水の儀からスタートしていきます。通夜祭では、斎主による祭詞奏上と仏式の焼香にあたる玉串奉奠などの儀式があります。玉串奉奠は斎主から喪主、そして遺族の順番で行い、親族そして最後に一般参列者の順で行います。この玉串奉奠は非常に難しいもののため、慣れていない人は戸惑ってしまったり、失敗してしまうことがあります。遺族や親族でも理解していない人もおり、しっかりと斎主のやり方を見て真似をしなければいけません。

この後に、故人の霊を仏式の位牌に該当する霊璽に移す遷霊祭が行われます。この儀式を行うことで、故人の霊が一家の守護神になると考えられて行われるものです。この儀式が行われて、通夜振る舞いとなる直会で終了する事になります。次に、お葬式に該当する葬場祭が開催されます。この儀式では、死の汚れを清めて死者を神として祀る儀式を行います。また手水の儀からスタートしていき、修祓儀を行い、祭詞奏上と玉串奉奠を行います。神式であっても火葬をするので、出棺祭や火葬祭を執り行っていきます。精進落としも神式ではあり、直会を開催します。

注意しなければいけないのは、数珠を使わないことや、お悔やみの言葉では仏教用語を使わないようにしなければいけません。お葬式の宗教が異なるので、用語も注意する必要があります。また、玉串奉奠の時に二礼二拍手一礼を行いますが、音を立てない拍手のしのび手を行わなければいけません。間違えて音を立てないように注意したいものです。